« 05館長の朗読日記 406 | トップページ | 10「日本朗読館」の朗読活動メニュー 6 »

05館長の朗読日記 407

館長の朗読日記 407  (戦後65年01月01日 新規)

○謹賀新年

 今日はいよいよ元旦となった。今年、戦後65年の最初の日である。今日からは戦後65年となる。
 この戦後65年も、多分、あっという間に過ぎてしまうはずである。しかし、如何に短く感じられようとも、この一年間をコツコツと生きていきたいと思う。
 そこで、この一年最初の日に、戦後65年の抱負というか活動のイメージを記しておくことにする。

 
○朗読レッスン

 朗読レッスンについては、基本的に昨年までと変わりがない。
 今年は、三鷹朗読サークル「さつきの会」と千葉朗読サークル「風」が、一応、朗読ステップ6を修了する。引き続き第Ⅱ期の朗読レッスンに入っていく予定だが、そのための準備を朗読サークルの会員たちとどのようにやっていくか、が、大きな課題である。
 同時に、すでに第Ⅱ期の朗読レッスンに入っている八千代朗読サークル「新・みちの会」の朗読レッスンを、今後もより充実させていくことも、大きな課題である。

○朗読会

 朗読レッスンの一環として、おさらい会(朗読ステップ1~2の修了時)あるいは朗読発表会(朗読ステップ3~6の修了時)を開催している。これは従来通り、引き続いて行なっていく。
 今年の新しい課題としては、第Ⅱ期の朗読レッスンに入った八千代朗読サークル「新・みちの会」の朗読会「小さな朗読館・やちよ」を、どのように開催するか、である。八千代朗読サークル「新・みちの会」はいろいろな意味でパイオニアだから、この課題も慎重に準備しながらクリアしていきたい。
 今年一年間の朗読会を、分かっている範囲で開催順に列挙してみる。

 2月24日(水)朗読発表会『あの日夕焼け』/千葉「わかば」
 3月13日(土)「品川朗読交流会」Vol.2/品川「あやの会」共催
 3月26日(水)朗読発表会『日本婦道記』/八千代「花ことば」
 4月後期日   朗読発表会『流れる星は生きている』/船橋「はなみずき」
 5月前期日   第4回「小さな朗読館・やちよ」/八千代「新・みちの会」
 5月15日(土)朗読発表会『広島の姉妹』/八千代「こちの会」
 5月25日(火)朗読発表会『流れる星は生きている』/品川「あやの会」
 6月30日(水)「東百道の朗読館」/「東百道の朗読館」実行委員会
 7月07日(水)朗読発表会『忍ぶ川』/三鷹「さつきの会」
 7月後期日   おさらい会(朗読ステップ2修了記念)/習志野「茜」
 9月前期日   第5回「小さな朗読館・やちよ」/八千代「新・みちの会」
10月03日(日)八千代台公民館まつりに出演/八千代「新・みちの会」
10月後期日   朗読発表会(朗読ステップ6修了記念)/千葉「風」
11月29日(月)「東百道・講演と朗読の会」/感動をつくる・日本朗読館

○朗読研究

 今年は、次の2冊の単行本を執筆&出版したいと考えている。

 ①『朗読の上達法』(仮題)
 ②『朗読のための文学作品論』(仮題)

 ①は、一昨年に出版した『朗読の理論』(木鶏社)の続編である。
 ②は、こういう標題の下にこれから何年かかけてシリーズとして何冊か出版したいと考えている。第1冊目は宮沢賢治に関する作品論をまとめることを計画している。

○今年もどうぞよろしく

 私は、この戦後65年を、このような抱負というか活動のイメージに基づいて朗読活動していきたいと考えています。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 末筆ながら、このブログをご覧の皆さまの、ご健勝とご発展を祈念しております。 

|

« 05館長の朗読日記 406 | トップページ | 10「日本朗読館」の朗読活動メニュー 6 »

05館長の朗読日記(戦後65年/西暦2010年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 05館長の朗読日記 406 | トップページ | 10「日本朗読館」の朗読活動メニュー 6 »