« 00特別なお知らせ 61 | トップページ | 05館長の朗読日記 502 »

05館長の朗読日記 501

館長の朗読日記 501   (戦後65年07月30日 新規)

○習志野「茜」の第2回「おさらい会」リハーサル

 習志野朗読サークル「茜」は、朗読ステップ2修了記念の第2回「おさらい会」を明日(7月31日)に開催する。そして、そのリハーサルを前日の今日(7月30日)に設定した。7月の朗読レッスンは、この本番とリハーサルで代替するから、7月中は通常の朗読レッスンを1回もやっていない。
 また6月の朗読レッスンも、6月17日(木)にやったのが最後だから、今日までかれこれ約1ヶ月半、まったく朗読レッスンをやらなかったことになる。
 正直いって、約1ヶ月半もの空きをつくって大丈夫だろうか、という懸念がなかったわけではない。朗読表現が変な方向にそれてしまっていたら、リハーサルでその修正を試みたとしても、翌日の本番には間に合わない可能性が高いからである。
 内心、恐る恐るといった感じで、リハーサルに入っていったのだが、その懸念は幸いに杞憂に終わった。それどころか、会員の皆さんは、この1ヶ月半の間に、それぞれの朗読のレベルを着実に上げてきていた。
 全体のレベルは、まだ、ようやく朗読ステップ2を修了しようという段階だから、それ相応のものではある。しかし、会員の皆さんが、全員、着実にレベル・アップしてきたことも確かである。そして、これはは大したことなのだ、といえる。
 明日の本番は、今日より気合が入ることは間違いないから、さらにレベル・アップした朗読表現を聴くことができると思う。それが楽しみである。
 リハーサルでは、プログラムに沿って、司会者の司会ぶり、代表の挨拶、一人一人の出と入りの動き方などを全部一通りやりながら、チェックしていった。もちろん、朗読そのものについても、一人一人の朗読表現を順々にダメ出ししていった。
 リハーサルは9時30分集合であった。そして、実際にリハーサルを始めた10時頃から、サークルで用意してくれた昼食弁当(と会員の一人が持参してくれた手作りケーキ)を全員が机を囲んで食した40分と3回の途中休憩(各10分)を除いて、リハーサルを終えた16時30分まで、おおよそ5時間半という長時間をかけて、まさにビッシリと朗読にいそしんだのである。。

|

« 00特別なお知らせ 61 | トップページ | 05館長の朗読日記 502 »

05館長の朗読日記(戦後65年/西暦2010年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 00特別なお知らせ 61 | トップページ | 05館長の朗読日記 502 »