« 05館長の朗読日記 510 | トップページ | 05館長の朗読日記 512 »

05館長の朗読日記 511

館長の朗読日記 511  (戦後65年08月21日 新規)

○猛暑の夏休み中にもやることがある(続々)

 自宅の近くにかなり大規模なホームセンターがある。そのホームセンターが8月19日〜29日の11日間、全品10%割引の販売キャンペーンを行なっている。

 私は、レッスン台本に使う用紙や、印刷するためのインクなどを、そのホームセンターから購入している。これらの品物は保存がきくから、10%も割引いてくれる期間は絶好の購入機会である。

 さっそく出かけていって、レッスン台本用紙を1箱(2500枚)、印刷用インクを6個、チケット用紙を2袋(20枚)、資料収納用の紙ボックスを5つ購入してきた。

 この期間中には、これからもこのホームセンターに出かけていって、チラシ用の用紙(色紙)や録音用のMDなど、朗読に必要な品物をまとめ買いしようと考えている。猛暑の夏休み中ではあるが、こういうこともやっているのである。

○今日はこれから「戦争を読む」朗読の会を聴きに出かける

 今日は、これrからにじの会が主宰する「戦争を読む」朗読の会を聴きに出かける。会場は八重洲ブックセンターの8階ギャラリー、開場は14時00分、開演は14時30分である。

 私は、他の朗読会はほとんど聴きに行かない。別に、他の朗読を聴きたくないわけではない。元々が、根っからの出不精であるから、わざわざ出かけるのが億劫なだけである。まして、最近はこの猛暑だから、よほどのことでない限り、出かける気が起らないのである。

 しかし、今日の「戦争を読む」朗読の会は、かねてから聴きに行くのを楽しみにしていた。この「戦争を読む」朗読の会は、私が指導している朗読サークルの朗読発表会で、先の大戦の悲劇を語り継ぐのを聴いてくださった朗読家が、自分たちも戦争を語り継いでいきたいと企画されたものである。

 私には、こういう形で、私の素志を受け止め、受け継いでくれることが、この上もなく嬉しく思われるのである。是非、そういう方々の朗読を拝聴し、交流を深めていきたいと願っている。

 また、その帰りに、銀座の伊東屋(大手の文房具店)に立ち寄り、ここでなければなかなか入手できない朗読用品を購入する予定にしている。

|

« 05館長の朗読日記 510 | トップページ | 05館長の朗読日記 512 »

05館長の朗読日記(戦後65年/西暦2010年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 05館長の朗読日記 510 | トップページ | 05館長の朗読日記 512 »