« 05館長の朗読日記 546 | トップページ | 05館長の朗読日記 548 »

05館長の朗読日記 547

館長の朗読日記 547   (戦後65年10月14日 新規)



○完全に風邪をひき込んでしまった

 一昨日(10月12日)と昨日(10月13日)は、完全に風邪をひき込んでしまい、両日とも一日中寝ていた。熱が38度近く出て、喉に違和感があり、全身にダルい感じがする。起きているのが辛く、とにかく横になっていたい気分が続いた。

 ところが、貧乏性なのであろうか、横になってしばらく休むと、何かしたくなる。しょうがないので、横になっても出来ること、すなわち『朗読の上達法』の執筆メモをとるとか、しばらくご無沙汰していたライフワーク関連の参考文献を読むとかしていた。

 このように書くと、いかにも勤勉で、病気になって寝ている間も刻苦勉励しているように誤解される恐れがある。これらは、退屈しのぎにちょっとやっただけで、大部分の時間はウトウトと寝ていたのである。元気なときには、退屈しないものだから、却ってこういうことをなかなかやらない。

 まったく、凡人というものは困ったものである。しかし、久しぶりに風邪をひいて寝込んでみると、年齢による体力・気力の衰えを改めて痛感せざるをえない。普段の元気な日々の時間をもっと大切にして、もう少し勤勉にライフワークに取り組むべきだということも、改めて痛感させられた。

|

« 05館長の朗読日記 546 | トップページ | 05館長の朗読日記 548 »

05館長の朗読日記(戦後65年/西暦2010年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 05館長の朗読日記 546 | トップページ | 05館長の朗読日記 548 »