« 館長の朗読日記1040/今年もあと3日となってしまった | トップページ | 館長の朗読日記1041/今年もついに最後の大晦日になった »

館長の朗読レパートリー(第12版)

館長の朗読レパートリー(第12版)

             (戦後67年12月30日 更新)


《自選代表作》一覧

①芥川龍之介原作「トロッコ」
②芥川龍之介原作「私の出遇ったこと」
(現在は2作品に分離され「蜜柑」と「沼地」に改題)
③芥川龍之介原作「毛利先生」
④芥川龍之介原作「龍」
⑤芥川龍之介原作「六の宮の姫君」 NEW!
⑥菊池寛原作「仇討三態」
⑦小泉八雲原作「きみ子」
⑧太宰治原作「カチカチ山」
⑨火野葦平原作「皿」 NEW!
⑩藤沢周平原作「鱗雲」
⑪藤沢周平原作「たそがれ清兵衛」
⑫三浦哲郎原作「なわばり」
⑬三浦哲郎原作「母の妙薬」
⑭宮沢賢治原作「紫紺染めについて」
⑮宮沢賢治原作「セロ弾きのゴーシュ」
⑯宮沢賢治原作「なめとこ山の熊」
⑰森鴎外原作「高瀬舟」
⑱山本周五郎原作「鼓くらべ」


《朗読レパートリー》一覧

【阿川弘之】
「鱸とおこぜ」

【芥川龍之介】
「トロッコ」《自選代表作①》
「私の出遇ったこと」《自選代表作②》
(現在は2作品に分離され「蜜柑」と「沼地」に改題)
「老年」「ひょっとこ」「羅生門」「鼻」「芋粥」「父」
「毛利先生」《自選代表作③》
「龍」《自選代表作④》
「六の宮の姫君」《自選代表作⑤》 NEW!

【有島武郎】
「一房の葡萄」「小さき者へ」

【井上靖】
「薄氷」

【井伏鱒二】
「へんろう宿」「屋根の上のサワン」「鯉」

【江國香織】
「草之丞の話」

【遠藤周作】
「私のもの」

【岡本かの子】
「家霊」「鮨」

【小川未明】
「野ばら」「金の輪」

【小山内薫】
「梨の実」

【上林暁】
「白い屋形船」

【菊池寛】
「仇討三態」《自選代表作⑥》「身投げ救助業」

【黒井千次】
「子供のいる駅」

【小泉八雲】
「果心居士のはなし」「梅津忠兵衛のはなし」
「きみ子」《自選代表作⑦》

【斉藤隆介】
『花咲き山』ファンタジー/シリーズ

【佐藤愛子】
「いつもと同じ朝」

【志賀直哉】
「城の崎にて」「網走まで」「ある朝」「小僧の神様」

【庄野潤三】
「道」

【高橋揆一郎】
「夕刊おじさん」

【太宰治】
「燈籠」「葉桜と魔笛」「兄たち」「雪の夜の話」「饗応夫人」「散華」「猿ケ島」「美少女」「十二月八日」「富岳百景」「新樹の言葉」「カチカチ山」《自選代表作⑧》

【立原正秋】
「山水図」(『埋火』から)

【峠兵太】
「小枝の笛」 

【中島敦】
「山月記」

【夏目漱石】
「硝子戸の中(抄)」

【樋口一葉】
「わかれ道」

【火野葦平】
「皿」《自選代表作⑨》 NEW!

【藤沢周平】
「たそがれ清兵衛」《自選代表作⑩》「祝い人助八」「うらなり与右衛門」(以上『たそがれ清兵衛』短編シリーズのうち)
「荒れ野」「鱗雲」《自選代表作⑪》

【堀辰雄】
「三つの挿話」から「暮畔の家」「昼顔」
「大和路・信濃路」から「辛夷の花」「浄瑠璃寺の春」

【三浦哲郎】
「なわばり」《自選代表作⑫》「母の妙薬」《自選代表作⑬》「鰯たちよ」
「忍ぶ川」(全)

【宮澤賢治】
「やまなし」「蟻ときのこ」「紫紺染めについて」《自選代表作⑭》「注文の多い料理店」「林の底」「セロ弾きのゴーシュ」《自選代表作⑮》「手紙一〜四」「よだかの星」「なめとこ山の熊」《自選代表作⑯》
「おきなぐさ」

【向田邦子
「魚の目は泪」「かわうそ」「父の詫び状」「りんごの皮」「お軽勘平」

【森鴎外】
「高瀬舟」《自選代表作⑰》「じいさんばあさん」

【山本周五郎】
「鼓くらべ」《自選代表作⑱》「夕靄の中」「蜜柑畑」

|

« 館長の朗読日記1040/今年もあと3日となってしまった | トップページ | 館長の朗読日記1041/今年もついに最後の大晦日になった »

16館長の朗読レパートリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 館長の朗読日記1040/今年もあと3日となってしまった | トップページ | 館長の朗読日記1041/今年もついに最後の大晦日になった »