« 館長の朗読日記1975/千葉「風」の朗読レッスン | トップページ | 館長の朗読日記1977/品川「あやの会」と千葉「わかば」の朗読レッスン »

館長の朗読日記1976/第8回「小さな朗読館」を開催した

館長の朗読日記1976  (戦後72年03月24日 新規)



○第8回「小さな朗読館」を開催した(1)

 一昨日(3月22日)、開演13時30分ということで、第8回「小さな朗読館〜感動をつくる朗読をめざして〜」を開催した。会場は船橋市民文化創造館(きららホール)。今回の観客数は約130人。前回より30人ほど増えたが、これはゲスト出演者の1人が、自分の多数の知人友人を熱心に誘っていただいたお蔭である。

 チケットの発行数は133枚。そのうち無料招待券を4枚発行したから、チケット販売の実数は129枚であった。これらのことから、チケットを入手した方は、そのほとんどが実際にご来場いただいたものと考えることができる。特に、電話でチケットを予約した方々は全員が受付に見え、実際にチケットを購入して下さった。

 この朗読会の観客数は、受付で配布したプログラムの枚数でカウントしているので、かなり正確だと思われる。その観客数は増減を繰り返していながらも、何とか毎回100人の大台を確保できて来ている。これは本当にありがたいことである。観客数の増大そのものを求めているわけではないが、やはり観客は多い方が嬉しい。



○第8回「小さな朗読館」を開催した(2)

 今回も、ゲスト出演者が所属している3サークルから2人づつ、計6人が当日の運営スタッフとして応援に来て下さった。その応援の皆さんも、とても協力的に受付役(2人)や会場案内兼避難誘導役(4人)を担って下さった。お礼などは昼食の弁当を出す以外のことは何もしていないだけに、とてもありがたく、感謝している。

 今回も、朗読会の司会進行役を飯野由貴子さんお願いした。飯野さんは船橋朗読サークル「はなみずき」の会員であるが、本職はプロの司会者である。毎回さすがプロという司会進行をしていただいている。司会進行がピシッとしていると、朗読会全体が引き締まる。私はもちろん4人のゲスト出演者もそれに大いに支えられている。

 また、宣伝用チラシのデザインをして下さったのは、今回も品川朗読サークル「あやの会」の志村葉子さんである。記して、感謝したい。また、きららホールの会場スタッフの皆さんにも、毎回、感謝している。千葉県内の公的施設にはめずらしく、きららホールのスタッフは事務スタッフも含め応対も親切であり、スキルも高い。



○第8回「小さな朗読館」を開催した(3)

 今回の4人のゲスト出演者には、大いに感謝している。私は、舞台袖でモニターを通して聴いていたので、会場の観客席でどのように聴こえたかは定かでない。しかし、ゲスト出演者の全員が、それぞれの現時点の最大限の実力を発揮してくれたのではないかと感じている。今回は、プログラムの変更があったので余計そう感じた。

 ちなみに、私も今回は演目を変更せざるを得ないことになった。この「小さな朗読館」の第1回から第7回まで、藤沢周平原作『三屋清左衛門残日録』をシリーズで朗読してきたが、前回の第7回で打ち止めとした。今回からは、3回ごと(1年ごと)に作家を変えて、それぞれの作家から作品を3つ厳選して朗読することにした。

 それら1人1人の作家から厳選した3つの作品を作家シリーズとして朗読していく。今年は、岡本かの子シリーズとして、この作家の3つの作品「鮨」「家霊」「みちのく」の朗読を3回連続で上演していく予定である。どういう作家のどういう作品を朗読するか、毎回が真剣勝負だと考えている。私自身とても楽しみにしている。





|

« 館長の朗読日記1975/千葉「風」の朗読レッスン | トップページ | 館長の朗読日記1977/品川「あやの会」と千葉「わかば」の朗読レッスン »

05館長の朗読日記(戦後72年/西暦2017年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 館長の朗読日記1975/千葉「風」の朗読レッスン | トップページ | 館長の朗読日記1977/品川「あやの会」と千葉「わかば」の朗読レッスン »