« 館長の朗読日記2005/船橋「はなみずき」の朗読発表会に向けた立ち稽古 | トップページ | 館長の朗読日記2007/品川「あやの会」と大田「くすのき」の朗読レッスン »

館長の朗読日記2006/千葉「風」主催の第16回「小さな朗読館・ちば」

館長の朗読日記2006  (戦後72年06月05日 新規)



○千葉朗読サークル「風」主催の第16回「小さな朗読館・ちば」(1)

 昨日(6月04日)の13時30分開演で、千葉朗読サークル「風」主催の第16回「小さな朗読館・ちば」が開催された。朗読レッスンとしては、今回は第3期・朗読ステップ1の第13回目、第16回「小さな朗読館・ちば」に関しては第8回目ということになる。観客数は約80人であり、ほぼ満席という盛況であった。

 千葉朗読サークル「風」は、自主・自立的な会員が多い。その上、ここ数年間は同じ上演形式の朗読会を続けているため、ほとんどの会員は朗読会のやり方を心得ている。本番当日の直前リハーサルは、サークルの役員を中心に、自分たちで相談しながらドンドン進行していく。私が口を出す必要はほとんどなかったと言ってよい。

 今回は出演を予定していた会員のうち2人がそれぞれの事情で出演できないことになった。1人は、読み継ぎ形式で上演する向田邦子原作「父の詫び状」に出演するはずであった。これは前後を分担する会員が補った。1人は西澤實原作「糸子と木村さん」を1人1作品形式で上演する予定だったが、これは欠演ということにした。



○千葉朗読サークル「風」主催の第16回「小さな朗読館・ちば」(2)

 毎回、朗読会が終了したら、その場で講評することになっている。そこで私は、最後列中央の席に陣取って、講評用のメモをとりながら聴く。まず最初が、向田邦子原作「父の詫び状」を7人で読み継ぐ朗読である。メンバーのレッスン歴は2年強〜12年強とバラついている。全体的なレベルは、前回よりは確実に向上していた。

 その後は6人の会員が1人1作品形式で朗読していったのだが、それぞれの作品はバラエティに富み、朗読表現も1人1人の会員が自分の朗読レベルの最上限近くまで仕上げた朗読を披露していた。全員が「語りかける語り口」となっており、しかもそれぞれが個性に満ちた朗読表現であった。私も全員の朗読を楽しんで聴いた。

 このサークルは1期生と2期生が半々である。1期生は、入会したときはほぼ全員が初心者であった。2期生は、入会したとき、初心者と何らかの朗読経験者が半々であった。2期生であっても朗読経験者はさすがにレベルの高い朗読をする。また初心者の場合でも2期生の場合は上達が速い。その結果、全体のレベルは高くなる。



○千葉朗読サークル「風」主催の第16回「小さな朗読館・ちば」(3)

 この千葉朗読サークル「風」は、今、第3期の朗読ステップ1の半ばを越したところである。今秋10月に今年2回目の朗読会・第17回「小さな朗読館・ちば」を開催する。この朗読会が、第3期の朗読ステップ1が終了する節目でもある。次回のレッスンから新規会員が入会するが、この会員から後は3期生ということになる。

 打上げ会での歓談ぶりを見る限り、1期生と2期生はほぼ完全に融合している。違いは、1期生に比べて2期生の口数がいく分か少ないくらいである。もちろん、これにも例外はある。とにかく、2期生の上達が速いのは1期生が2期生を有言無言を問わずリードしてくれているからである。2期生もそのことを十分に分かっている。

 1期生は、確実に朗読指導者としての実力を身につけてきている。その実力を、実際に発揮するか否かは、それぞれの会員の資質や性格や生活条件による。従って、朗読指導者、あるいは、次代の朗読指導者の育成者としての私のやるべき仕事は、レッスン歴の長い会員に朗読指導者としての実力を修得してもらうことなのである。






|

« 館長の朗読日記2005/船橋「はなみずき」の朗読発表会に向けた立ち稽古 | トップページ | 館長の朗読日記2007/品川「あやの会」と大田「くすのき」の朗読レッスン »

05館長の朗読日記(戦後72年/西暦2017年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 館長の朗読日記2005/船橋「はなみずき」の朗読発表会に向けた立ち稽古 | トップページ | 館長の朗読日記2007/品川「あやの会」と大田「くすのき」の朗読レッスン »