« 館長の朗読日記2030/八千代「新・みちの会」の朗読レッスン | トップページ | 館長の朗読日記2032/千葉「わかば」の朗読レッスン »

館長の朗読日記2031/第9回「小さな朗読館」を開催した

館長の朗読日記2031  (戦後72年07月27日 新規)



○第9回「小さな朗読館」を開催した(1)

 昨日(7月26日)、開演13時30分ということで、第9回「小さな朗読館〜感動をつくる朗読をめざして〜」を開催した。会場は船橋市民文化創造館(きららホール)。今回の観客数は約105人。前回よりかなり減ったけれど、何とか100人の大台は確保することができたようである。まことにありがたい話しである。

 私は無料招待券をほとんど発行していない。今回も6枚しか発行しなかった。そのほとんどは、いわば儀礼的なものだから、そのうち実際に来場したのは2人だけであった。逆に言えば、観客のほとんどは入場料を支払って下さった方々である。また特記したいのは、電話予約者は1人を除いて全員が来場して下さったことである。

 今回も、ゲスト出演者が所属している3サークルから2人づつ、計6人が当日の運営スタッフとして支援して下さった。その支援者の皆さんも、とても協力的に受付役(2人)や会場案内兼避難誘導役(4人)を担って下さった。昼食時に弁当とお茶を出す以外、お礼などは何もしていないので、とてもありがたく、感謝している。



○第9回「小さな朗読館」を開催した(2)

 今回も、朗読会の司会進行役を飯野由貴子さんにお願いした。飯野さんは船橋朗読サークル「はなみずき」の会員であるが、本職はプロの司会者である。毎回さすがプロという司会進行をしていただいている。司会進行がピシッとしていると、朗読会が引き締まる。私はもちろん4人のゲスト出演者もそれに大いに支えられている。

 また、宣伝用チラシのデザインをして下さったのは、今回は千葉朗読サークル「風」の小田志津子さんであった。記して、感謝したい。また、きららホールの会場スタッフの皆さんにも、毎回、感謝している。千葉県内の公的施設にはめずらしく、きららホールのスタッフは事務スタッフも含め応対も親切であり、スキルも高い。

 今回の4人のゲスト出演者にも、大いに感謝している。私は、舞台袖でモニターを通して聴いていたので、会場の観客席でどのように聴こえたかは定かでない。しかし、ゲスト出演者の全員が、それぞれ現時点における最高の朗読をしてくれたと感じた。この朗読会への出演を機に、自分の朗読を飛躍させた出演者は少なくない。



○第9回「小さな朗読館」を開催した(3)

 私は、今年から、3回ごと(1年ごと)に作家を変え、それぞれの作家から作品3つを厳選してシリーズとして朗読上演することにしている。今年は、岡本かの子シリーズとして「鮨」「家霊」「みちのく」の朗読を3回連続で上演していく。今回の「家霊」は、前回の「鮨」と同じく、私の好きな作品だから、楽しく朗読できた。

 舞台挨拶は、その「家霊」を目一杯に朗読した直後だったから、話すべき適切な内容が思い浮かばなかった。そこで、この「小さな朗読館」の会計収支に関する内輪話を少しだけ披露した。今回ぐらいの来場者があれば、会計収支的には帳尻が合うこと。ただし、その場合の支出には私の出演料や家人の人件費を含めていないこと。

 ゲスト出演者と司会進行者には交通実費程度しか進呈していないこと。これまでも、赤字になったことはないこと。したがって、少しづつ手持資金は貯まっているが、それは将来的な企画(音楽演奏や外部の朗読者とのコラボなど)、あるいは、当面の運転資金のためにプールしていること。挨拶にふさわしい内容ではなかったか?












|

« 館長の朗読日記2030/八千代「新・みちの会」の朗読レッスン | トップページ | 館長の朗読日記2032/千葉「わかば」の朗読レッスン »

05館長の朗読日記(戦後72年/西暦2017年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 館長の朗読日記2030/八千代「新・みちの会」の朗読レッスン | トップページ | 館長の朗読日記2032/千葉「わかば」の朗読レッスン »