« 館長の朗読日記2037/千葉「風」の朗読レッスン | トップページ | 館長の朗読日記2038/千葉「わかば」の朗読レッスン »

アクセス数の推移について(戦後72年版/西暦2017年版)

アクセス数の推移について(戦後72年版/西暦2017年版)

                  (戦後72年08月08日 新規)


ブログ発足後10年間のアクセス数の推移 NEW!
〜〜10年間総計:223495〜〜 

【戦後62年(西暦2007年)8月6日〜戦後72年(西暦2017年)8月5日】 

  

1年平均   22349.5 アクセス
  1日平均      61.2 アクセス
 10年累計  223495   アクセス

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【発足10年目】  NEW!
戦後71年(西暦2016年)8月6日〜戦後72年(西暦2017年)8月5日
  年間総数   22947(対前年比 ー4914)
  1日平均    62.9(対前年比 ー13.2)
 10年累計  223495

【発足9年目】

戦後70年(西暦2015年)8月6日〜戦後71年(西暦2016年)8月5日
  年間総数   27861(対前年比 ー1512)
  1日平均    76.1(対前年比  ー4.4)
  9年累計  200548

【発足8年目】
戦後69年(西暦2014年)8月6日〜戦後70年(西暦2015年)8月5日
  年間総数   29373(対前年比 ー5546)
  1日平均    80.5(対前年比 ー15.2)
  8年累計  172687

【発足7年目】
戦後68年(西暦2013年)8月6日〜戦後69年(西暦2014年)8月5日
  年間総数   34919(対前年比 +7152)
  1日平均    95.7(対前年比 +19.6)
  7年累計  143314

【発足6年目】
戦後67年(西暦2012年)8月6日〜戦後68年(西暦2013年)8月5日
  年間総数   27767(対前年比 +9388)
  1日平均    76.1(対前年比 +25.9)
  6年累計  108395

【発足5年目】
戦後66年(西暦2011年)8月6日〜戦後67年(西暦2012年)8月5日
  年間総数   18379(対前年比 +1795)
  1日平均    50.2(対前年比  +4.8)
  5年累計   80628

【発足4年目】
戦後65年(西暦2010年)8月6日〜戦後66年(西暦2011年)8月5日
  年間総数   16584(対前年比 +1737)
  1日平均    45.4(対前年比  +4.7)
  4年累計   62249

【発足3年目】
戦後64年(西暦2009年)8月6日〜戦後65年(西暦2010年)8月5日
  年間総数   14847(対前年比  +208) 
  1日平均    40.7(対前年比  +0.6)
  3年累計   45665

【発足2年目】
戦後63年(西暦2008年)8月6日〜戦後64年(西暦2009年)8月5日
  年間総数   14639(対前年比 ー1540)
  1日平均    40.1(対前年比  ー4.1)
  2年累計   30818

【発足1年目】
戦後62年(西暦2007年)8月6日〜戦後63年(西暦2008年)8月5日
  年間総数   16179
  1日平均    44.2
  1年累計   16179


《館長のコメント》

 この1年間のアクセス数は22947。昨年の27861に比べ4914(約17.6%)減少した。1日平均のアクセス数は62.9。昨年の76.1に比べ13.2(約17.3%)減少した。この1年もアクセス数が大幅に減少した。約3年前に朗読漫画『花もて語れ』が終了した反動減が、まだ続いているのであろうか。

 朗読漫画『花もて語れ』(片山ユキヲ・東百道)の『週間 BIG COMIC スピリッツ』の連載が約3年前(戦後69年/西暦2014年7月28日発売号)に完結した(第111話=最終話)。朗読漫画『花もて語れ』連載が『週間 BIG COMIC スピリッツ』に移籍した2012年5月後の約2年余、アクセス数が急増したのである。

 このブログ発足10年目のアクセス数(年間総数22947、1日平均62.9)は、発足後10年間の平均水準(1年平均22349.5アクセス、1日平均61.2)と大体おなじだが、まだ少しは高い水準を保っている。ただし、私はアクセス数が増えること自体を目的としていないから、その増減に一喜一憂はしていない。

 アクセス数の増減にかかわらず、ブログの継続と充実に努めていくだけである。しかし、当然、私の提唱する「感動をつくる朗読」の内容を少しでも多くの人(特に朗読に関心をもっている人)に知ってもらうことを願っている。その結果、アクセス数が増え、日本の朗読文化の向上に資することを望んでいることも確かである。

 すなわち、アクセス数を増やすことそれ自体を目的にして、そのための内容を追い求めることはしないが、私の提唱する「感動をつくる朗読」の内容を少しでも多くの人に知ってもらい、日本の朗読文化の向上に資するためにこのブログの充実に努めていく。その結果、アクセス数が増えることは、大いに望んでいるわけである。

 ブログ発足後の10年間で、アクセス数の累計が223495アクセスと、20万アクセスの大台を突破し、22万アクセスを突破した。朗読というマイナーな分野を専門に扱った、しかも、かなり高度な内容を扱ったブログとしては、10年間で22万アクセス、年平均2万2千アクセスというのは、少ない数字ではないと思う。

 とても熱心に読んでくださる読者がいる、という手応えを感じることもある。遠くで、永く熱心に朗読に取り組んできた人が、このブログの記事を参考にして、朗読的にかなり良い成果をあげているという情報も入ってきた。このブログの目的の1つは、私の朗読指導法の公開である。その目的が少し叶った気がして、嬉しかった。






|

« 館長の朗読日記2037/千葉「風」の朗読レッスン | トップページ | 館長の朗読日記2038/千葉「わかば」の朗読レッスン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 館長の朗読日記2037/千葉「風」の朗読レッスン | トップページ | 館長の朗読日記2038/千葉「わかば」の朗読レッスン »