« 館長の朗読日記2343/長い連休を利用して書庫の整理整頓をやっている | トップページ | 館長の朗読日記2345/大田「くすのき」のリハーサル »

館長の朗読日記2344/長い連休を利用して書庫の整理整頓をやっている(つづき)

館長の朗読日記2344  (戦後74年05月06日 新規)

 


○長い連休を利用して書庫の整理整頓をやっている(3)

 今日(5月06日)で、長かった今年の大型連休も終わりである。書庫の整理整頓はまだ終了していないが、一段落はついた。一応、雑誌と書籍の整理整頓は終了した。朗読その他をいろいろと録音したカセットテープ、ワープロ時代に記録保存したフロッピー・デスクの整理整頓も、一応は終了した。しかし、書類や資料や手紙類はまだこれからである。

 この書類や資料や手紙類の整理整頓は、その内容を1点1点チェックして、その要否を判定していかなければならない。しかも、その大部分は廃棄することになるはずだから、引き続き保存していくものはその一部である。チェックと判定の大部分は、いわば無駄な作業となる。こういう作業は、精神的な疲労感が溜まってきて、かなりシンドイのである。

 この頃は気温も上がってきて、時には夏日になることもある。書庫は狭い上に、エアコンなどは設置していない。夏日の午後などは暑くて汗が噴き出てくることもある。今後の書類や資料や手紙類のチェック&判定作業は、少しづつエアコンのある部屋に持ち出して涼しい環境下でおこなうなど、いろいろと工夫してやっていこうと思う。辛抱辛抱である。

 


○長い連休を利用して書庫の整理整頓をやっている(4)

 雑誌の整理整頓の最中に、長いこと読みもしないで積読状態のままにしておいた冊子の中に、友人が論稿を載せているものを発見した。その冊子を購入した経緯をすっかり忘れてしまったが、もしその友人の論稿が載っていることを知って購入したのなら、いくらなんでも読んでいたはずである。読んだ記憶が全くないから、知らずに購入したのであろう。

 雑誌の山の中から、そういう冊子を見つけ出せたのも、今回の整理整頓の一つの成果かも知れない。私は、日本古代史に画期的な業績を上げた古田武彦の書籍はなるべく購読するようにしている。また、古田武彦が関係している雑誌もできるだけ揃えるようにしている。今回、雑誌のバックナンバーに数点の欠落を見つけた。急ぎ補充しようと思っている。

 そういうきっかけを与えてくれたのも、今回の整理整頓の成果といえないこともない。小説なども、もっぱら朗読の台本用に購入したものも少なくない。しかし、カットを許可しないなど著作権者がいろいろと面倒な制限を加えるような作品については、今回、思い切って処分することにした。私は本来的な小説好きではないから、あっさりと捨てられる。

 

 

 

 

 

|

« 館長の朗読日記2343/長い連休を利用して書庫の整理整頓をやっている | トップページ | 館長の朗読日記2345/大田「くすのき」のリハーサル »

05館長の朗読日記(戦後74年/西暦2019年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 館長の朗読日記2343/長い連休を利用して書庫の整理整頓をやっている | トップページ | 館長の朗読日記2345/大田「くすのき」のリハーサル »