« 館長の朗読日記2509/武漢コロナウイルスから私の朗読活動が受けた被害(その8) | トップページ | 館長の朗読日記2511/船橋勤労文化センター自主事業「朗読入門講座」について »

館長の朗読日記2510/船橋「はなみずき」の朗読レッスン

館長の朗読日記2510 (戦後75年/西暦2020年07月31日 新規)

 


○船橋朗読サークル「はなみずき」の朗読レッスン(1)

 昨日(7月30日)の15時00分から船橋朗読サークル「はなみずき」のレッスンをおこなった。本来は6月04日に予定していたレッスンが武漢コロナウイルスのせいで中止になったので、その分を今回にスライドさせたのである。今回は、第3期・朗読ステップ3の第4回目、レッスン台本・芥川龍之介原作「毛利先生」の第4回目のレッスンである。

 武漢コロナウイルスの感染防止のために、全員がマスクを使用している。前回は、そのマスクのせいで私のコメントが聴こえにくかったらしい。そこで今回は、私だけマイクを使用した。この「毛利先生」では、主人公・毛利先生のセリフ表現に会員は苦労している。この毛利先生のセリフに不可欠な、緊張感、切実感、必死感のこもった朗読はむずかしい。

 特に会員の皆さんは毛利先生の「金切声」に苦心している。この「毛利先生」は文学作品として面白く、芥川龍之介の作品のなかでも傑作に入ると思われる。また、朗読をするための原作としても歯ごたえがあって練習し甲斐があると思う。しかし、朗読サークルのためのレッスン台本としては、あまり適切ではなかったか、と思い直しているところである。

 


○船橋朗読サークル「はなみずき」の朗読レッスン(2)

 サークル会員の朗読は、着実にレベルが上がってきている。古参の第1期生は、いつの間にか、かなり自然な語り口になってきた。あとは、朗読における精神的な「技」に磨きをかけることであろう。芥川龍之介原作「毛利先生」は良くも悪くもメリハリの利いた表現をしている。深い心を表現している地の文の朗読には、この精神的な「技」が必要である。

 今や中堅となった第2期生は、なめらかに語っているような語り口で、文や文章の流れで表現されているイメージや心情を表現することができる実力はついてきている。今後は、その文や文章を構成している1つ1つの文節にこめられたイメージや心情をも表現できる実力をつけていくべき段階である。また、その会員本来の声で朗読することが必要である。

 レッスン歴がまだ数年の第3期生は、みな朗読経験者である。レッスンを重ねるうちに、私がめざす朗読のスタイルに慣れてくると共に耳も肥えてきて、第1期生や第2期生の朗読のレベルが分かってきたようである。語りかける語り口と共に、文学作品に表現されているイメージや心情を自分の朗読表現にどのようにこめるか、という課題に取組んでいる。

 

 

 

|

« 館長の朗読日記2509/武漢コロナウイルスから私の朗読活動が受けた被害(その8) | トップページ | 館長の朗読日記2511/船橋勤労文化センター自主事業「朗読入門講座」について »

05館長の朗読日記(戦後75年/西暦2020年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 館長の朗読日記2509/武漢コロナウイルスから私の朗読活動が受けた被害(その8) | トップページ | 館長の朗読日記2511/船橋勤労文化センター自主事業「朗読入門講座」について »