16このブログの管理・運営について

アクセス数の推移について(戦後71年版/西暦2016年版)

アクセス数の推移について(戦後71年版/西暦2016年版)

                          (戦後71年08月06日 新規)


ブログ発足後9年間のアクセス数の推移

〜〜9年間総計:200548アクセス〜〜 NEW!

【戦後62年(西暦2007年)8月6日〜戦後71年(西暦2016年)8月5日】 NEW!

  

  1年平均   22283アクセス
  1日平均    61.0アクセス
  9年累計  200548アクセス

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【発足9年目】
戦後70年(西暦2015年)8月6日〜戦後71年(西暦2016年)8月5日 NEW!
  年間総数   27861(対前年比 ー1512)
   1日平均    76.1(対前年比  ー4.4)
   9年累計  200548

【発足8年目】
戦後69年(西暦2014年)8月6日〜戦後70年(西暦2015年)8月5日
  年間総数   29373(対前年比 ー5546)
   1日平均    80.5(対前年比 ー15.2)
   8年累計  172687

【発足7年目】
戦後68年(西暦2013年)8月6日〜戦後69年(西暦2014年)8月5日
  年間総数   34919(対前年比 +7152)
   1日平均    95.7(対前年比 +19.6)
   7年累計  143314

【発足6年目】
戦後67年(西暦2012年)8月6日〜戦後68年(西暦2013年)8月5日
  年間総数   27767(対前年比 +9388)
   1日平均    76.1(対前年比 +25.9)
   6年累計  108395

【発足5年目】
戦後66年(西暦2011年)8月6日〜戦後67年(西暦2012年)8月5日
  年間総数   18379(対前年比 +1795)
   1日平均    50.2(対前年比  +4.8)
   5年累計   80628

【発足4年目】
戦後65年(西暦2010年)8月6日〜戦後66年(西暦2011年)8月5日
  年間総数   16584(対前年比 +1737)
   1日平均    45.4(対前年比  +4.7)
   4年累計   62249

【発足3年目】
戦後64年(西暦2009年)8月6日〜戦後65年(西暦2010年)8月5日
  年間総数   14847(対前年比  +208) 
   1日平均    40.7(対前年比  +0.6)
   3年累計   45665

【発足2年目】
戦後63年(西暦2008年)8月6日〜戦後64年(西暦2009年)8月5日
  年間総数   14639(対前年比 ー1540)
   1日平均    40.1(対前年比  ー4.1)
   2年累計   30818

【発足1年目】
戦後62年(西暦2007年)8月6日〜戦後63年(西暦2008年)8月5日
  年間総数   16179
   1日平均    44.2
   1年累計   16179


《館長のコメント》

  この1年間のアクセス数は27861、昨年の29373に比べ1512(約5.1%)減少した。1日平均のアクセス数は76.1、昨年の80.5に比べ4.4(約5.5%)減少した(今年が閏年のためアクセス総数より1日平均の減少率の方が大きい)。一昨年の朗読漫画『花もて語れ』終了による反動減が続いている。

 朗読漫画『花もて語れ』(片山ユキヲ・東百道)の『週間 BIG COMIC スピリッツ』の連載が一昨年(戦後69年/西暦2014年7月28日発売号)で完結した(第111話=最終話)。朗読漫画『花もて語れ』連載が『週間 BIG COMIC スピリッツ』に移籍した2012年5月以降の約2年余、アクセス数が急増したのである。

 昨年は、1年間のアクセス数が一昨年に比べ5546急減した(約16%減)。1日平均のアクセス数も15.2急減した(約16%減)。明らかに一昨年の朗読漫画『花もて語れ』の終了の反動であった。連載終了後2年目のこの1年も、まだ反動の余波は残っていたようで下げ止まらなかった。次の3年目はどうなるだろう。

 ブログ発足9年目のアクセス数(年間総数27861、1日平均76.1)は、発足6年目の水準(年間総数27767、1日平均76.1)と同じ水準である。これは発足1年目の水準(年間総数16179、1日平均44.2)や、発足後9年間の平均水準(1年平均22283アクセス、1日平均61.0)よりかなり高い。

 ただし、私はアクセス数が増えること自体を目的としていない。アクセス数の増減にかかわらず、ブログの継続と記事の充実に努めていくだけである。しかし、当然、私の提唱する「感動をつくる朗読」の内容を少しでも多くの人に知ってもらい、日本の朗読文化の向上に資するために、アクセス数が増えることも確かに望んでいる。

 つまり、アクセス数を増やすことを唯一の目的にして、売らんかなの内容を追い求めることはしない。私の提唱する「感動をつくる朗読」の内容を少しでも多くの人に知ってもらい、日本の朗読文化の向上に資するため、このブログの充実に地道に努めていく。その結果として、アクセス数が増えることを大いに望んでいるのである。

 今回、ブログ発足9年目にして、アクセス数の累計が200548アクセスと、20万アクセスの大台を突破した。丸9年間のアクセス累計が20万を超えたということが、多いのか少ないのか。そこのところはよく分からない。しかし、時々、とても熱心に読んでくださる読者がいる、という手応えを感じることが、確かにある。

 最近、遠くの地で永く熱心に朗読に取り組んできた人が、このブログの記事を参考にして、朗読的にかなり良い効果をあげたという事実を知った。この事実を知って、私はとても嬉しかった。私が直に朗読指導できる人数は限られている。このブログの目的の1つは、朗読指導法の公開である。その目的が少しだけ叶った気がした。






| | コメント (0)

アクセス数の推移について(戦後70年版)

アクセス数の推移について(戦後70年版)

                 (戦後70年08月06日 新規)



ブログ発足後8年間のアクセス数の推移

〜〜8年間総計:172687アクセス〜〜 NEW!

【戦後62年(西暦2007年)8月6日〜戦後70年(西暦2015年)8月5日】 NEW!

 

  1年平均   21586アクセス
  1日平均    59.1アクセス
  8年累計  172687アクセス

 


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【発足8年目】戦後69年(西暦2014年)8月6日〜戦後70年8月5日 NEW!
  年間総数   29373(対前年比 ー5546)
   1日平均    80.5(対前年比 ー15.2)
   8年累計  172687

【発足7年目】戦後68年(西暦2013年)8月6日〜戦後69年8月5日
  年間総数   34919(対前年比 +7152)
   1日平均    95.7(対前年比 +19.6)
   7年累計  143314

【発足6年目】戦後67年(西暦2012年)8月6日〜戦後68年8月5日
  年間総数   27767(対前年比 +9388)
   1日平均    76.1(対前年比 +25.9)
   6年累計  108395

【発足5年目】戦後66年(西暦2011年)8月6日〜戦後67年8月5日
  年間総数   18379(対前年比 +1795)
   1日平均    50.2(対前年比  +4.8)
   5年累計   80628

【発足4年目】戦後65年(西暦2010年)8月6日〜戦後66年8月5日
  年間総数   16584(対前年比 +1737)
   1日平均    45.4(対前年比  +4.7)
   4年累計   62249

【発足3年目】戦後64年(西暦2009年)8月6日〜戦後65年8月5日
  年間総数   14847(対前年比 +208) 
   1日平均    40.7(対前年比 +0.6)
   3年累計   45665

【発足2年目】戦後63年(西暦2008年)8月6日〜戦後64年8月5日
  年間総数   14639(対前年比 ー1540)
   1日平均    40.1(対前年比 ー4.1)
   2年累計   30818

【発足1年目】戦後62年(西暦2007年)8月6日〜戦後63年8月5日
  年間総数   16179
   1日平均    44.2
   1年累計   16179


《館長のコメント》

 この1年間のアクセス数は29373であり、昨年の34919に比べて5546(約16%)も急減した。1日平均のアクセス数でみると、80.5となり、昨年の95.7に比べて15.2(約16%)も急減した。この1年間の急減は、その前年が朗読漫画『花もて語れ』のために急増したことの反動であるように思われる。

 朗読漫画『花もて語れ』(片山ユキヲ・東百道)の『週間 BIG COMIC スピリッツ』の連載が昨年(戦後69年/2014年7月28日発売号)で完結した(第111話=最終話)。その朗読漫画『花もて語れ』連載が『週間 BIG COMIC スピリッツ』に移籍した2012年5月以降、約2年間アクセスが急増していたのである。

 昨年は対前年比26%、一昨年は対前年比51%と2年続けてアクセス数が急増した。今年は、対前年比で約16%も減ったが、それでも一昨年に比べると年間アクセス数は約6%は増えている。すなわち、朗読漫画『花もて語れ』の『週間 BIG COMIC スピリッツ』の連載期間中に急増した総てが減ってしまったわけではない。

 逆に、朗読漫画『花もて語れ』の『週間 BIG COMIC スピリッツ』の連載期間中に増えた分の相当の部分を、連載が終了したにもかかわらずつなぎ止めている、とみることもできるわけである。今後の朗読漫画『花もて語れ』連載の影響を判断するという意味でも、これから先のアクセス数の動向を注目していこうと考えている。

 私はアクセス数が増えること自体を目的とはしていない。アクセス数の増減がどうであれ、ブログの継続と内容の充実に努めていくことに変りはない。もちろん、私の提唱する「感動をつくる朗読」の考え方を少しでも多くの方々に知ってもらい、日本の朗読文化の向上に資するために、アクセス数が多い方が良いことも確かだが。

 

| | コメント (0)

アクセス数の推移について(戦後69年版)

アクセス数の推移について(戦後69年版)

                 (戦後69年08月07日 新規)




ブログ発足後7年間のアクセス数の推移

〜〜7年間総計:143314アクセス〜〜 NEW!

【戦後62年(西暦2007年)8月6日〜戦後69年(西暦2014年)8月5日】 NEW!

  

  1年平均   20473アクセス
  1日平均    56.0アクセス
  7年累計  143314アクセス

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【発足7年目】戦後68年(西暦2013年)8月6日〜戦後69年8月5日 NEW!
  年間総数   34919(対前年 +7152)
  1日平均     95.7(対前年同期 +19.6)
  7年累計   143314

【発足6年目】戦後67年(西暦2012年)8月6日〜戦後68年8月5日
  年間総数   27767(対前年 +9388)
  1日平均     76.1(対前年同期 +25.9)
  6年累計   108395

【発足5年目】戦後66年(西暦2011年)8月6日〜戦後67年8月5日
  年間総数   18379(対前年 +1795)
  1日平均     50.2(対前年同期 +4.8)
  5年累計    80628

【発足4年目】戦後65年(西暦2010年)8月6日〜戦後66年8月5日
  年間総数   16584(対前年 +1737)
  1日平均     45.4(対前年同期 +4.7)
  4年累計    62249

【発足3年目】戦後64年(西暦2009年)8月6日〜戦後65年8月5日
  年間総数   14847(対前年 +208) 
  1日平均     40.7(対前年 +0.6)
  3年累計    45665

【発足2年目】戦後63年(西暦2008年)8月6日〜戦後64年8月5日
  年間総数   14639(対前年 ▲1540)
  1日平均     40.1(対前年 ▲4.1)
  2年累計    30818

【発足1年目】戦後62年(西暦2007年)8月6日〜戦後63年8月5日
  年間総数   16179
  1日平均     44.2
  1年累計    16179


《館長のコメント》

 この1年間のアクセス数は34919であり、昨年の27767に比べて7152(約26%)も急増した。1日平均のアクセス数でみると、95.7となり、昨年の76.1に比べて19.6(約26%)も急増した。1日平均のアクセス数がもう一息で100に届きそうになった。一昨年の50.2に比べて2倍近くも増えた。

 この2年間の急増の主な原因としては、やはり朗読漫画『花もて語れ』の影響が考えられる。特に、一昨年5月末から週間漫画雑誌『週間 BIG COMIC スピリッツ』に移籍&連載した影響が大きいようだ。その移籍&連載後初の単行本(第5集)が発売された一昨年8月末頃から、アクセス数が大きく増え出したようなのである。

 その急増傾向がこの1年間も続いて出た。2年続けて1日平均のアクセス数が対前年比約25%も増えたのである。その朗読漫画『花もて語れ』も、今年の7月に完結した。単行本もその最終巻(第13集)が来9月末には発刊される。アクセス数急増の要因が専ら朗読漫画『花もて語れ』にあるならば、今後の急減も予想される。

 その意味で、これからの1年間のアクセス数の動向を注目していきたい。ただし、私はアクセス数が増えることそれ自体を目的としているわけではない。アクセス数の増減がどうであれ、ブログの継続と内容の充実に努めていくことに変りはない。もちろん、朗読文化の向上のためには、アクセス数が多い方が良いのも確かだが。

 





| | コメント (0)

アクセス数の推移について(戦後68年版)

アクセス数の推移について(戦後68年版)

                  (戦後68年08月15日 新規)


ブログ発足後6年間のアクセス数の推移

〜〜6年間総計:108395アクセス〜〜 NEW!

【戦後62年8月6日〜戦後68年8月5日】 NEW!

  1年平均   18066アクセス

  1日平均    49.5アクセス

  6年累計  108395アクセス


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【発足6年目】戦後67年8月6日〜戦後68年8月5日 NEW! 

  年間総数   27767(対前年 +9388)

  1日平均    76.1(対前年同期 +25.9)

  6年累計  108395


【発足5年目】戦後66年8月6日〜戦後67年8月5日  

  年間総数   18379(対前年 +1795)

  1日平均    50.2(対前年同期 +4.8)

  5年累計   80628


【発足4年目】戦後65年8月6日〜戦後66年8月5日  

  年間総数   16584(対前年 +1737)

  1日平均    45.4(対前年同期 +4.7)

  4年累計   62249


【発足年目】戦後64年8月6日〜戦後65年8月5日  

  年間総数   14847(対前年 +208) 

  1日平均    40.7(対前年 +0.6)

  3年累計   45665


【発足2年目】戦後63年8月6日〜戦後64年8月5日  

  年間総数   14639(対前年 ▲1540)

  1日平均    40.1(対前年 ▲4.1)

  2年累計   30818


【発足1年目】戦後62年8月6日〜戦後63年8月5日  

  年間総数   16179

  1日平均    44.2

  1年累計   16179


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


《館長のコメント》

 この1年間のアクセス数はそれ以前に比べて急増した。そして、ついに10万アクセスの大台を超えた。これを1日平均のアクセス数でみると、この6年目は76.1アクセスとなり、5年目の50.2に比べると、何と25.9アクセス(51.2%)も急激に増えている。これが一過的なものか、今後も続くものかは分からない。

 この一年間の急増の主な原因としては、やはり朗読漫画『花もて語れ』の影響が上げられる。特に、昨年5月末から週間漫画雑誌『週間 BIG COMIC スピリッツ』に移籍・連載された影響が大きい。その移籍・連載後初の単行本(第5集)が昨年8月末に発売されたのだが、その頃からアクセス数に大きな山が訪れたのである。

 そして、その大きな山が過ぎてしばらく経った今年7月頃から、またアクセスが急増するようになった。このアクセス急増は、ある人間が私の朗読理論や朗読に対してネット上で否定的な「感想」=「悪口」を書き流したため、私が、意に沿わないながらも、ネット上でそれに厳しく応答したことが、原因の一つであるかも知れない。

 あるいは、そうではなくて、やはり朗読漫画『花もて語れ』の影響かも知れない。その単行本が第6集(昨年11月末)、第7週(今年2月末)、第8集(今年5月末)と順調に発刊されてきたため、この朗読漫画『花もて語れ』の「朗読協力&朗読原案」を受けもっている私のブログへの注目度も着実に上がってきたのかも知れない。

 いずれにしても、何がアクセス数の動向に影響を与えているかは、さらに長期的に観察しないと特定することがむずかしい。そういう意味でも、今後の動向に注目していきたい。私は、アクセス数が増えることそれ自体を目的としているわけでは決してない。しかし、より多くの人に読んでもらう方が望ましいことも事実なのである。

| | コメント (0)

アクセス数の推移について(戦後67年版)

アクセス数の推移について(戦後67年版)

            (戦後67年08月25日 新規)


ブログ発足後5年間のアクセス数の推移

(戦後62年8月6日〜戦後67年8月5日)

〜〜5年間累計:80628アクセス〜〜

【発足5年】戦後66年8月6日〜戦後67年8月5日
  年間総数  18379(対前年/+1795)
  1日平均   50.2(対前年同期/+4.8)
  5年累計  80628

【発足4年】戦後65年8月6日〜戦後66年8月5日
  年間総数  16584(対前年/+1737)
  1日平均   45.4(対前年同期/+4.7)
  4年累計  62249

【発足3年】戦後64年8月6日〜戦後65年8月5日
  年間総数  14847(対前年/+208) 
  1日平均   40.7(対前年/+0.6)
  3年累計  45665

【発足2年】戦後63年8月6日〜戦後64年8月5日
  年間総数  14639(対前年/▲1540)
  1日平均   40.1(対前年/▲4.1)
  2年累計  30818

【発足1年】戦後62年8月6日〜戦後63年8月5日
  年間総数  16179
  1日平均   44.2
  1年累計  16179


《館長のコメント》

 この1年間のアクセス数はかなり増え、初めて1日平均が50アクセスの大台を超えた。この主な原因は2つある。1つは、昨年の11月上旬にTBS系テレビ番組「王様のブランチ」で朗読漫画『花もて語れ』が紹介され、私が朗読している録画も流されたので、その直後にアクセスが急増したことである。

 2つは、今年の5月下旬に朗読漫画『花もて語れ』が週間漫画雑誌『週間 BIG COMIC スピリッツ』に移籍して、連載が再開されたので、その直後にアクセスが急増したことである。もともと、私が『花もて語れ』に朗読協力しているのは、若い世代に朗読というものへの関心をもってもらいたいからである。

 アクセスの推移を観ていると、1つ目の原因の影響は一時的であったが、2つ目の原因の影響は今もまだ継続している。それが漫画の連載中ずっと続くのかどうか、それは分からない。しかし、それが機縁で、今後も私のブログの内容そのものに興味をもった方々のアクセスが増えていくことを望んでいる。

| | コメント (0)

アクセス数の推移について(戦後66年版)

アクセス数の推移について(戦後66年版)

            (戦後66年10月13日 新規)


ブログ発足後4年間のアクセス数の推移
(戦後62年8月6日〜戦後66年8月5日)

〜〜4年間累計:62249アクセス〜〜

【発足1年】戦後62年8月6日〜戦後63年8月5日
  年間総数  16179
  1日平均  44.2/日
  1年累計  16179

【発足2年】戦後63年8月6日〜戦後64年8月5日
  年間総数  14639(対前年/▲1540)
  1日平均  40.1 (対前年/▲4.1)
  2年累計  30818

【発足3年】戦後64年8月6日〜戦後65年8月5日
  年間総数  14847(対前年/+208) 
  1日平均  40.7 (対前年/+0.6)
  3年累計  45665

【発足4年】戦後65年8月6日〜戦後66年8月5日
  年間総数  16584(対前年/+1737)
  1日平均  45.4 (対前年同期/+4.7)
  4年累計  62249

| | コメント (0)

16このブログの管理・運営について 4

このブログへの「コメント」を受け付けることにしました
            (戦後64年4月01日 新規)

 従来、このブログ「感動をつくる・日本朗読館」は「コメント」や「トラックバック」を受け付けない措置をしてきました。
 しかし、今年の初めから、試行的に「コメント」については受け付けることができるように、そっと静かに措置を変更してみました。
 今のところ、掲載記事に関する「コメント」はまだありません。しかし、これは逆に言えば、いたずらやいやがらせなどの「コメント」も今のところはない、ということを意味します。
 そこで、3ヶ月の試行期間を終え、この4月からいわば大っぴらに、掲載記事に関する「コメント」を受け付けることを表明することにしました。このブログをご覧になった皆様からの「コメント」を心から歓迎いたします。どうぞ、ふるってご参加ください。
 ただし「トラックバック」の方は、まだ当面は受け付けない措置を継続いたします。
 また「コメント」に関しましても、もし好ましからぬ内容のものが寄せられた場合には、それと気づき次第ただちに削除いたします。また、それがあまりひどい場合には相応の措置をとるようにしたいと思っております。

 このブログ「感動をつくる・日本朗読館」あるいは館長に対し、こういう「コメント」以外の手段で連絡したいと思ってくださる方の場合には、従来通り、下記の要領にてご連絡ください。

○館長とすでに知人友人関係にある方の場合
 館長が指導している朗読サークルの会員や、その他の個人的な知人友人の方々には、すでに館長のメール・アドレス、あるいは、住所をお伝えしてあります。そこで、このブログへのご意見・ご感想をメールなりお手紙なりでお送りください。そうしていただければ「このブログに対するご意見・ご感想」というカテゴリーを新設して、そこに館長からのコメントを付して掲載させていただきます。匿名をご希望の場合、あるいは、掲載しないことをご希望の場合には、その旨をお書き添えください。

○館長とは初めての方の場合
 このブログで初めて館長のことをお知りになった方々は、まず、館長の下記の電話番号までご一報ください。そこで、ご意見・ご感想の連絡方法について、改めてご相談することにします。

 047−487−3721  東 百道(ひがし・ももじ)

 なお、電話番号はこのブログの「『日本朗読館』への連絡方法」のカテゴリーに記載した「『感動をつくる・日本朗読館』への連絡方法」にも記してあります。

| | コメント (2)

16このブログの管理・運営について 3

再び、このブログで用いる「戦後暦」について(修正)
                    (戦後62年8月15日新規)

 この「感動をつくる・日本朗読館」で用いる「戦後暦」について、再びお断りをいたします。
 このブログで用いる「戦後暦」について、当初は「戦後元年を西暦1945年、和暦昭和20年の8月15日から同年の12月31日までとし、翌年の1月1日からは戦後2年とすることにいたします」と記しました。この方針によって、このブログでは、今年を戦後63年としてきました。
 ところが終戦日(8月15日)が近づくにつれて、新聞やテレビなどのマスコミで、戦後62年目を迎える今年、などという報道が盛んに行なわれるようになりました。しかし、このブログで使用している戦後暦によれば、今年の終戦日は戦後63年8月15日となります。戦後62年目という表現とは一年のズレがあり、かなり違和感が生じます。
 たしかに終戦日(8月15日)を起点に数えますと、戦後62年目になるので、マスコミが報道するような戦後62年目の方が実感としてはピッタリします。そこで、今年の終戦日(8月15日)を機に、このブログで用いる戦後暦の方を修正することにしました。
 つまり、当初の「戦後元年を西暦1945年、和暦昭和20年の8月15日から同年の12月31日までとし、翌年の1月1日からは戦後2年とすることにいたします」というのを、次のように修正いたします。
 西暦1945年、和暦昭和20年の8月15日から同年の12月31日までを戦後0年とし、西暦1946年、和暦昭和21年の1月1日から同年の12月31日までを戦後1年とすることにします。
 戦後0年というような数え方は、あまり類例がないと思いますが、あえて採用することといたします。この戦後0年は、また同時に、戦前0年でもあります。つまり、西暦1945年、和暦昭和20年の1月1日から8月14日までは、戦前0年ということになるわけです。また、その前年、西暦1944年、和暦昭和19年は、戦前1年ということになります。以下戦前2年、戦前3年と順次遡って数えていくことになります。
 そのような次第で、本日を期して、このブログで記載する記事の「戦後暦」はすべて、修正版の「戦後暦」に変更いたします。具体的には、今年を戦後63年から戦後62年へと変更するわけです。これまで記載済みの過去の記事も、もちろん、すべて変更いたします。それをここで明確にしておきたいと思います。

|

16このブログの管理・運営について 2

このブログへのご意見・ご感想の受付方法について
                    (戦後62年8月11日新規)

 ブログ「感動をつくる・日本朗読館」は、当面「コメント」や「トラックバック」を受け付けない措置をしています。
 なぜなら、現在のインターネットの状況を見ておりますと、ネット上での情報のやり取りにはまだいろいろなリスクが伴なうからです(いたずら、いやがらせ、押し付け広告など)。
 現に、このブログを開設してわずか数日しかたっていないこれまで期間でさえ、ついうっかり「コメント」や「トラックバック」を受け付けない措置を怠りますと、たちまち見ず知らずの企業から「トラックバック」されてきます。もちろん、その内容は、このブログにも、朗読にも、まったく関係のないもので、単なる押し付けPRなのです。やはり「コメント」や「トラックバック」を受け付けない措置をして正解だったな、と思わしめるに十分な出来事でした。
 しかし、もし、このブログ「感動をつくる・日本朗読館」に、本来的な意味での「コメント」や「トラックバック」をしたいと思ってくださる方がいる場合には、それを受け付ける方法を考えておかなければなりません。
 その受付方法を、以下、二つの場合に分けて考えました。

①館長とすでに知人友人関係にある方の場合
 館長が指導している朗読サークルの会員や、その他の個人的な知人友人の方々には、すでに館長のメール・アドレス、あるいは、住所をお伝えしてあります。そこで、このブログへのご意見・ご感想をメールなりお手紙なりでお送りください。そうしていただければ「このブログに対するご意見・ご感想」というカテゴリーを新設して、そこに館長からのコメントを付して掲載させていただきます。匿名をご希望の場合には、その旨を書き添えてください。

②館長とは初めての方の場合
 このブログで初めて館長のことをお知りになった方々は、まず、館長の下記の電話番号までご一報ください。そこで、ご意見・ご感想の連絡方法について、改めてご相談することにします。

 047-487-3721  東 百道(ひがし・ももじ)

 なお、電話番号はこのブログの「『日本朗読館』への連絡方法」のカテゴリーに記載した「『感動をつくる・日本朗読館』への連絡方法」にも記してあります。

|

16このブログの管理・運営について 1

このブログで用いる「戦後暦」について(当初)
                  (戦後63年8月11日新規)
                  (戦後62年8月15日更新)

(館長のコメント)
 この文章は記録として残しておくため、本文と新規掲載日の部分は元のままとし、更新日のみを修正版「戦後暦」にて再表記するに止めました。なお、混乱をさけるため、標題の末尾に(当初)という言葉を追加しました。

 この「感動をつくる・日本朗読館」で用いる「戦後暦」について一言お断りをしておきたいと思います。
 今年はいうまでもなく「西暦」では2007年ですし、「和暦」では平成19年です。以前から、私はどちらの暦にもなじめませんでした。ところが先年、インターネットで、明良佐藤さんという方が「戦後暦」というものを提唱されていることを知りました。
 この「戦後暦」とは、西暦1945年、和暦昭和20年の8月15日から翌年の8月14日までを「戦後元年」として、それ以降の年月日を刻む暦です。私は、この明良佐藤さんの「戦後暦」の考え方に深く同感いたしました。そこで私も、先の大戦(私は個人的には先の大戦を「東アジア太平洋戦争」と呼んでいます)の悲劇を、日本史のみならず人類史に深く刻印するためのささやかな一助として、この「感動をつくる・日本朗読館」では、極力、この「戦後暦」を採用することにいたします。
 ただ、明良佐藤さんの「戦後暦」とは若干違えているところがあります。ここで用いる「戦後暦」は、戦後元年を西暦1945年、和暦昭和20年の8月15日から同年の12月31日までとし、翌年の1月1日からは戦後2年とすることにいたします。この方が、一年の区切り方が分かりやすく、また、一般的でもありますので、より実用的だと考えたからです。
 そういたしますと、開館のご挨拶をいたしております本日は戦後63年8月06日ということになります。しかし、明良佐藤さんの「戦後暦」では、今日は戦後62年8月06日ということになりです。この明良佐藤さんの「戦後暦」との違いを、このブログを見てくださる方々にも、また、明良佐藤さんご本人にも、あらかじめお断りしておきたいと存じます。

|